ベンチプレスのチーム鉄腕(兵庫県)

チーム鉄腕 2009年末ベンチプレス記録会

2009年12月28日開催


コンテンツ
チーム鉄腕トップページ
仲博幸館長のプロフィールと選手時代のバリバリの写真
チーム鉄腕のウェブアルバム・写真や動画など
アーカイブ:過去の大会情報
 
所在地・利用可能時間のお知らせ

〒673-0424
三木市自由が丘本町3-5
代表 仲博幸
TEL/FAX 0794-82-4275
【地図はこちら】

【ワークアウトタイム】
■月曜・火曜・金曜:
10時〜23時
■水曜:
10時〜23時30分
(アーム合同練習→20時30分〜23時30分)
■木・土曜:10時〜22時
※木曜日はジムは使用出来ますが16時から指導者(館長)不在です。
■日曜:休館日

館長による指導可能な時間は開館日の13時〜22時(木曜日は13時〜16時)

他に大会等支援の為で止もうえず不在の時がありますのでご了承くださいませ。

 

チーム鉄腕 2009年末ベンチプレス記録会

■チーム鉄腕 2009年末ベンチプレス記録会■
レポート:仲 博幸

今年も盛況の中、ジム内年末ベンチプレス記録会を催すことができました。

■大会ルール
・試技形式はチャレンジルール(*)を基本とする。
・第3試技成功時は特試(第4試技)が出来る。
・体重別クラス分けをせず、各選手のフォーミュラ値(*)により順位決定。
・JPA準拠の正式ベンチ及び足あげベンチ試技者はチャレンジルールより難易度が上がるためにF(フォーミュラ)係数が4%プラスされる。

(*)注釈
チャレンジルール:プレスコール無し。(胸止めしなくてもよい)その他は基本的にJPAルール準拠。
フォーミュラ値:体重による記録値のハンデを無くすために考案された、選手の能力数値。各選手それぞれあらかじめ体重を検量し、その体重ごとの係数(フォーミュラ係数)を割り出しておく。記録重量に各選手のそのフォーミュラ係数を積算して算出される数値。数値(フォーミュラ値)が大きいほど体重の割に記録数値が高い。


さて、大会レポートですが、自己新更新者が続出し、非常に盛り上がりのある大会となりました。

まずは1位に輝いたのは中谷で、今までのチャレンジ部門から変わって今回は正式部門に取り組み、また肩の故障とつきあいながらの自己新達成はさすがです。
畠山、大坪は難なく自己新を達成しました。
福島、田邊、深堀は長らくのプラトーを打ち破り、こちらも嬉しい自己新となりました。
河嶋は未調整の中での試技でしたが、納得の117.5を記録。
大山は久々の145成功。また小川も150拳上成功で復活の兆しが見えました。
千本は今回は正式からチャレンジに戻っての試技でしたが、今回は残念ながら自己記録にあと一歩及ばず。今後のちもさまのリベンジをお楽しみに!
井上、藤多は共に初めての大会形式での出場でしたが、井上は自己記録タイ、藤多は自己新を達成!今後の活躍が楽しみです。
最後に、今回は怪我の回復待ちの為に出場しなかった遠藤選手にはサポート役として活躍していただきました。

(フォーミュラについての補足)
例えば、体重70kgのAが100kg挙げ、体重80kgのBが101kg挙げたとします。この場合、見た目はBの方が記録数値は大きいのですが、AとBでは体重差で10kgの差があるにも関わらず、記録は1kgしか違わないことから、試技者の能力としてはAの方が高いと容易に察しがつくと思います。このような体重によるハンデを無くすために考案されたもので、体重がより軽く、記録重量がより高い方が高い数値になるようになっています。


順位 名前 記録重量 フォーミュラ値 部門
1 中谷 157.5kg(新) 114.98 正式
2 千本 145kg 103 チャレンジ
3 畠山 117.5kg(新) 99.88 正式
4 福島 130kg(新) 97.5 正式

4

小川 150kg 97.5 足上げ
6 田邊 125kg(新) 96.33 正式
7 大坪 117.5kg(新) 94 チャレンジ
8 大山 145kg 92.8 チャレンジ
9 河嶋 117.5kg 89.2 正式
10 深堀 117.5kg(新) 85.78 正式
11 井上 90kg(タイ) 63 チャレンジ
12 藤多 75kg(新) 57 チャレンジ





(C) TEAM 鉄腕
Produced by Web Shientai